ニュース

NEWS

2022.11.22

プレスリリース

マイクロアドへポストCookie時代に向けたターゲティング技術の提供を開始
3rd Party Cookieに依存しない共通IDソリューション「IM Universal Identifier」をDSP「UNIVERSE Ads」、SSP「MicroAd COMPASS」と連携

 国内最大級パブリックDMPを提供するデータプラットフォームカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、以下当社)は、当社が提供する3rd Party Cookie を利用せずに、異なるドメイン間で3rd Party Dataを連携する共通IDソリューション「IM Universal Identifier(以下IM-UID)」 と、データプラットフォーム事業を運営する株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺健太郎、以下マイクロアド)が提供する、DSP(Demand Side Platform)「UNIVERSE Ads」と、SSP(Supply Side Platform)「MicroAd COMPASS」の連携を開始したことをお知らせします。

 昨今、Webユーザーのプライバシー保護の高まりとともに、欧州では「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」などによるデータ収集・活用の規制強化が行われています。また、AppleのブラウザであるSafariは2020年3月にITP(Intelligent Tracking Prevention)のアップデートにより3rd Party Cookieはブロックされるほか、GoogleはChromeでの3rd Party Cookieサポート終了を2023年に延長することを発表しましたが実施自体には変わりはない方針を発表しています。これらの影響により、インターネット広告における広告配信や効果計測において、これまで活用されてきた3rd Party Cookieに代わる対策が早急に必要とされています。

 これらの対策として、IMでは3rd Party Cookieに依存しない共通IDソリューション「IM-UID」を2020年12月より提供開始し、GMOアドマーケティング株式会社やユナイテッドマーケティングテクノロジーズ株式会社、株式会社ジーニー、ログリー株式会社などのマーケティングテクノロジー企業に向けて技術提供を行ってまいりました。そしてこのたび、新たにマイクロアドが提供する SSP「MicroAd COMPASS」とDSP「UNIVERSE Ads」との連携を開始しました。

 この連携により、DSP「UNIVERSE Ads」においては3rd Party Cookieに依存しない「IM-UID」への広告配信が可能になる事で広告配信効果の向上が見込まれます。また、SSP「MicroAd COMPASS」と接続するDSPはCookieを使用せず「IM-UID」を使用して広告配信が可能になるため、媒体社様の収益性の向上が見込まれます。

 なお、当社が提供しているポストCookieソリューションをDSPやSSPを提供している事業者と連携していき、今後もAdTech領域におけるポストCookie時代へ向けた対応を支援していく予定です。

 当社は、消費者のプライバシーに配慮しつつ、DX時代の企業のプライバシーガバナンスへの対応を目指し、プログラマティック広告におけるポストCookie時代のデジタル広告のエコシステムにおいて、3rd Party CookieやデバイスIDに代わる選択肢を提供し、業界に貢献してまいります。

<【メディア向け】7分で解説!インティメート・マージャーのポストCookieソリューションまとめと導入プロセス>

インティメート・マージャーについて(https://corp.intimatemerger.com/

「世の中のさまざまな領域における、データを使った効率化」をミッションに掲げ、国内DMP市場導入シェアNo.1(※1)のデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を保有するデータマーケティングカンパニー。約4.7億のオーディエンスデータ(※2)と高度な分析技術を掛け合わせたデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」の提供・構築支援、データ活用に関するコンサルティングサービスを提供しています。また、プライバシー保護に関する取り組みとして、一般社団法人 日本経済団体連合会が掲げる「個人データ適正利用経営宣言」に賛同しています。今後はSales TechやFin Tech、Privacy TechなどのX-Tech領域に事業を展開し「データビジネスのプロデューサー集団」を目指します。

※1出典元:「DataSign Webサービス調査レポート 2021.2」

※2⼀定期間内に計測された重複のないブラウザの数を⽰します。多くの場合、ブラウザの識別にはCookieが利⽤され、⼀定期間内に計測された重複のないCookieの数のことを⽰します。