2017.12.18
DMP専業大手インティメート・マージャーがデータプラットフォームの事業領域拡大へ、第一弾はバイオテクノロジー企業 ユーグレナ社CFO永田氏を社外取締役に招き企業基盤を強化、 代表取締役社長 簗島の同社スーパーサイエンスパートナー就任でシナジー創出へ

約4.7億件のオーディエンスデータを提供するDMP専業最大手、データマーケティングカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、略称IM)は、このたび株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充、以下「ユーグレナ社」)の取締役財務・経営戦略担当である永田暁彦氏が弊社の社外取締役に就任し、弊社代表取締役社長 簗島亮次のユーグレナ社スーパーサイエンスパートナー就任が決定したことをお知らせします。

左:永田暁彦(株式会社ユーグレナ)右:簗島亮次(株式会社インティメート・マージャ―)

このたび社外取締役に就任するユーグレナ社の取締役財務・経営戦略担当である永田暁彦は、独立系プライベートエクイティファンドで経験を積んだのちユーグレナ社に入社、事業戦略、M&A、資金調達、広報・IRや管理部門の担当役員として2012年のマザーズ上場、2014年の東証一部上場を推進するなど、ベンチャーの大きな成長局面での知見に長けており、今後新たな分野へのデータサイエンス事業の拡張と企業基盤の強化を進め、加速度的な成長を目指すインティメート・マージャーにとって重要な役割を担う人財と考えております。

さらに、弊社代表取締役の簗島がスーパーサイエンスパートナーに就任したユーグレナ社は、東大発ベンチャー初の東証一部上場企業で、食品や化粧品をはじめとするヘルスケア領域と、バイオ燃料の製造等の環境・エネルギー領域の事業展開を行っており、簗島がこれまで培ってきたデータサイエンスの知見を活かして同社のマーケティング等のさらなる発展を支えます。

インティメート・マージャーは、これまでDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)専業最大手として、データマーケティング市場を牽引してきました。さらに、今後はプラットフォーム開発で培った膨大なデータの分析・活用の技術を活かして、様々な業界の専門性の高いデータに関する価値創造を目指しており、今回のバイオ・ヘルスケア領域のユーグレナ社との実践的な人事交流は、その第一弾となります。

 

<株式会社ユーグレナ・永田暁彦について>

慶応義塾大学商学部卒。独立系プライベートエクイティファンドに入社し、プライベート・エクイティ部門とコンサルティング部門に所属。2008年にユーグレナ社の取締役に就任。ユーグレナ社の未上場期より事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門を管轄。技術を支える戦略、ファイナンス分野に精通。現在はユーグレナ社の財務、経営戦略を担当するとともに、日本最大級の技術系VC「リアルテックファンド」の代表を兼任。

株式会社ユーグレナについて

2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月東証一部に市場変更。

経営理念は「人と地球を健康にする」。

・代表取締役社長     :出雲 充
・HP        :http://www.euglena.jp/
・事業内容      :ユーグレナ等の微細藻類の研究開発、生産
ユーグレナ等の微細藻類の食品、化粧品の製造、販売
ユーグレナ等の微細藻類のバイオ燃料技術開発、環境関連技術開発
バイオテクノロジー関連ビジネスの事業開発、投資等
・所在地       :東京都港区芝5-33-1

ニュースリリース一覧