2017.03.15
DMP専業大手のインティメート・マージャーが 2年連続でパブリックDMP市場シェア1位を獲得 前年比130%超の成長市場で、2016年度予測でも1位 ~ITR Market View:マーケティング管理市場2017調べ~

約4億件のオーディエンスデータを提供するDMP専業最大手、データマーケティングカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、略称IM)は、株式会社アイ・ティ・アール(ITR)が発行する市場調査レポート「ITR Market View:マーケティング管理市場2017」において、弊社が提供するパブリックDMP「AudienceSearch(オーディエンス・サーチ)」が2014年度・2015年度の2年連続でパブリックDMP市場で1位を獲得したことをお知らせ致します。また、本調査の2016年度予測でもパブリックDMP市場で第1位としてランクインしております。

ITRベンダー別売上シェア

出典:ITR 「ITR Market View:マーケティング管理市場2017」

■成長を続けるDMP市場

「ITR Market View:マーケティング管理市場2017」はITコンサルティング・調査会社として、企業向けソフトウェア分野を中心にIT関連製品の市場規模や売上シェア等に関する調査レポートを発行しているITRにより実施されました。本調査によると、2015年度での国内DMP市場の売上金額は27億円にのぼり、売上金額ベースでは、前年度比42.1%増と大幅な伸びとなりました。さらに、2016年度も同31.5%増と堅調なDMP市場の成長が予測されています。同調査によると、着実なプライベートDMPの拡大に加え、Web広告の最適化を主目的としたパブリックDMPの導入が急激に拡大していることから、2015〜2020年度におけるDMP市場の年平均成長率(CAGR)は16.9%と、安定した成長が予想されています。

■パブリックDMP市場NO.1の「AudienceSearch」の特徴

「AudienceSearch」では、弊社が保有する豊富なオーディエンスデータとマーケターが日ごろ使い慣れている様々なツールとを連携させて活用することで、クライアント企業の課題解決が可能になります。さらに、クライアント企業が保有するデータと併せて利用することもで、クライアント企業のデータだけでは難しいユーザー行動の可視化と分析が可能となり、それらの分析に基づく多様な施策の立案と実施ができます。

1.)業界最大級のデータ量
IMが独自に収集した約4億件のユニークブラウザのオーディエンスデータを保有

2.)5,000超のユーザー属性
IM独自のアルゴリズムにより分析をした、5,000を超える性別や年齢などのデモグラフィックな情報や、興味関心などの精緻なサイコグラフィックな情報を保有

3.)豊富なデータ活用先
主要DSPを始めとした各種広告配信サービス、プライベートDMP、LPOサービス、インターネットリサーチ、CRMツール、ダイレクトメールなど50を超えるマーケティングサービスとの連携し、幅広いデータ活用を実現

~インティメート・マージャー代表取締役社長 簗島 亮次より~
IMではこれまで、技術に裏打ちされた豊富なデータの集積を追求するとともに、実際データの分析を行うマーケターが施策を実践するために必要となる様々なツールとの連携を積極的に進めてきたことが、パブリックDMP市場において、多くのお客様にご支持を頂けた要因ではないかと考えています。成長を続けるDMP市場ではありますが、まだ多くの企業がデータ分析とその活用で価値を活かしきれていないことから、IMでは「AudienceSearch」を通じて、より多くの企業の皆さまにとって最適なデータ活用を実現するマーケティング活動支援をこれまで以上に進めて参ります。

ニュースリリース一覧