2018年07月17日

パブリックDMP最大手のインティメート・マージャー、 B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始

商談獲得率が8.5倍、B2B特化型営業支援の17ツールズ社に先行導入を開始

約4.7億件のオーディエンスデータを提供し、パブリックDMP市場で3年連続シェア1位(※)を獲得する株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、略称IM)は、このたびB2B向けのリードジェネレーションを目的とした、ニーズ検知型企業リスト生成サービス「Select DMP(セレクト ・ディーエムピー)」を提供開始しました。


selectdmp 


~サイト来訪有無に関わらず、ニーズキャッチアップ型の電話アプローチが可能に~

昨今、MA(マーケティングオートメーション)ツール市場の拡大やアカウントベースドマーケティングの浸透が進む一方で、B2Bの領域ではリードジェネレーションが課題とされてきました。情報収集から発注まで長期間を要するB2Bのマーケティングファネルにおいて、アプローチ先の企業はリスト化できるものの、案件獲得のカギとなる「潜在顧客がニーズを持った瞬間」の把握が難しかったことが一因にあります。

そこで、IMは独自の解析エンジンを用いて国内最大級のオーディエンスデータを企業内のアクティブニーズに変換・可視化し、リアルタイムに情報提供するサービス「Select DMP」を開発しました。まずはテレセールスやアウトバウンドコールにおけるホットリストとして提供し、高精度なリードジェネレーションを支援します。また、無駄なアウトバウンドコールの削減によるブランド毀損の防止・慢性的な人材不足への対策など、効率的なマーケティング活動が可能となります。


■商談獲得率についての実証結果

調査時期   :2018年3月27日~4月9日
商談基準   :訪問、TEL商談、資料送付など顧客とコミュニケーションが取れたもの

select_dmp_result

今回、BtoB特化型営業支援の17ツールズ株式会社では、商材ページに来訪したものの資料請求や問合せに至らなかった見込み顧客や、自社サービスを認知したい潜在顧客に対して「Select DMP」を用い、リアルタイムにホットリスト化する事を目指し先行導入を決定いたしました。


~「Select DMP」の概要~

IMの「Select DMP」は、国内最大級である4.7億件の行動履歴分析システムを活用し、オーディエンスデータとDMPの属性データからこれまで把握が困難だったクライアントニーズの発生タイミングを検知します。この情報のリアルタイム提供と、MA・CRM・RPAなどマーケティングソリューションを提供するパートナー企業との提携を通じて、B2Bマーケティング活動の効果的な運用を支援します。

・想定ターゲット
金融、教育、不動産、人材、EC、通信、セキュリティ、マーケティング、インフラなど、販売単価が高く、導入後の利用期間が長い商材やサービスを提供する企業。

・価格
初期費用:30万円、月額費用:8万円~、利用期間:6カ月~
※利用属性により異なる為、詳細はお問合せ下さい。

サービスの詳細はこちらよりご覧下さい。

IMでは「Select DMP」の提供を皮切りに、国内最大手のパブリックDMPとして蓄積したノウハウと技術力を活かし、これまでシェアを拡大してきた広告領域の枠を超え、顧客のNo.1データマーケティングパートナーを目指してまいります。