2015年07月28日

データマーケティングの老舗、米アクシオム社「LiveRamp Connect®」と連携を開始 IMのセグメントを活用しCriteoやTwitterなど130社へ広告配信が可能に

DMP専業大手のインティメート・マージャーがデータマーケティングの老舗、米アクシオム社「LiveRamp Connect®」と連携を開始
IMのセグメントを活用しCriteoやTwitterなど130社へ広告配信が可能に

大手金融機関や消費材メーカーを中心に導入企業180社を超え、約4億のオーディエンスデータを有するDMP専業大手の株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都文京区、代表取締役社長:簗島 亮次、略称IM)は、このたび米国を中心にデータを活用したマーケティング支援サービスで40年以上の歴史を持つアクシオムコーポレーションの日本法人であるアクシオムジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、アジア・パシフィック統括取締役:フレドリック・ジューブ)の「LiveRamp Connect®」と連携を開始しました。

本連携で、IMは「LiveRamp Connect®」と国内初の接続を行い、同サービスの主要機能となるプラットフォーム・メディアとセグメントを共有できるData Distribution Service(データディストリビューションサービス、以下DDS)を通じて国内外130社以上の広告配信先へ連携が可能になりました。

これにより、広告主や代理店などの担当者は、世界最大手DSPのCriteo(クリテオ)やTwitterなどへIMが提供する5,000を超える性別や年齢などのデモグラフィックな情報や、興味関心などのサイコグラフィックな情報といった様々なオーディエンスデータによるセグメントを活用してワンストップに広告配信することが可能になりました。また、さらに同一セグメントでの測定が可能になることで、クロスチャネルでのパフォーマンス測定が効率的に行えるようになります


Acxiom連携イメージ


IMでは、今後も当社が保有する約4億のオーディエンスデータの精度を高めるとともに、膨大なデータを容易に管理・分析できるツールを提供することで、企業の市場分析やマーケティング課題解決にむけてのサポートを行ってまいります。

アクシオムについて

米国アーカンソー州リトルロックに本社を持ち、エンタープライズ向けデータ管理・データ分析を中心としたSaaS提供企業です。40年以上にわたりデータとデータを結びつけることで新たな付加価値を生み出すことをミッションとしています。アクシオムは特定のチャネルやメディアに依存しない中立的手法を用い、データを中心にした最先端の製品やサービスを提供し、顧客価値を最大化しています。毎週1兆件を超えるデータを取扱うアクシオムは、人々のより良い暮らしと、全世界で7,000社を超えるクライアント企業の業績向上に貢献しています。アクシオムの詳細についてはwww.acxiom.comをご覧ください。

アクシオムジャパン株式会社

代表者 :アジア・パシフィック統括取締役 フレドリック・ジューブ
事業内容:エンタープライズ向けデータ管理・データ分析を中心としたSaaS 提供企業
所在地 :東京都千代田区永田町2-12-8 永田町SRビル8F
設立  :2013年5月