2015年07月09日

DMP専業大手のインティメート・マージャーがニジボックスと レシートの購買データを活用したDSP配信サービス「レシートあど!」の提供開始

専業大手のインティメート・マージャーがニジボックスとレシートの購買データを活用したDSP配信サービス「レシートあど!」の提供開始
~購入商品・店・金額などに合わせてターゲティングを実現~

大手金融機関や消費材メーカーを中心に導入企業180社を超え、約4億のオーディエンスデータを有するDMP専業大手の株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都文京区、代表取締役社長:簗島 亮次、略称IM)は、このたび株式会社ニジボックス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:麻生要一 以下 ニジボックス)と、7月9日よりニジボックスが運営する主婦層向けおトクメディア「レシポ!(https://recipo.jp/)」のユーザーが投稿するレシート情報を活用したDSP配信サービス「レシートあど!」を開始します。(「レシポ!」登録会員:数十万人)

「レシートあど!」では、O2Oサービス「レシポ!」に寄せられたレシートの購買情報と、IMが保持する約4億件のオーディエンスデータを連携することで、スーパーやコンビニなど店頭の購買情報(商品・購入店・購入金額など)と属性に基づいた広告配信が可能なサービスです。また、購入店舗の形態や業種を問わない、中立的な購買データ(レシート情報)の活用はデジタルマーケティング業界では初となっております。(ニジボックス調べ)

【「レシートあど!」の特徴】

「レシポ!」参加会員のレシート情報(購入店舗・購入商品カテゴリなど)と、IMが保持するオンライン上から得られる約4億のオーディエンスデータを連携し、最適なDSP(デマンドサイドプラットフォーム)広告配信やメール広告などを通じ、購入意欲の高い若年主婦層にリーチすることができる広告配信メニューです。

「レシートあど!」イメージ
【「レシートあど!」の活用について】

「レシポ!」が抱える若年主婦層のレシートデータ(購買データ)を通じて、購入先店舗や購入商品カテゴリ等のセグメントを設定しながら配信することが可能です。※オーディエンスデータについては取得データの拡張を順次行っております。

サービスに関するお問い合わせ

IM「レシートあど!」セールス担当:木本  sales@intimatemerger.com

「レシポ!」について

消費者をコンビニ、スーパー等のリアル店舗へ来店させ、自社商品の店頭購入まで保証するO2O型サービスです。ユーザー様はレシポ!掲載商品を実店舗で購入し、そのレシート画像をアップロードすることでポイントがもらえます。ご掲載企業様においては、店頭でのトライアル購入促進や日販週販の向上、商品と生鮮品などと併買を行い店頭におけるクロスマーチャンダイジングの展開、来店頻度の低いお客様の来店・購入促進施策などとしてご活用いただけます。
URL:https://recipo.jp/

 ニジボックスについて

インターネットを通じてすべての人々が心豊かになる「モノづくり」を行う総合メーカーです。事業の大きな柱としてソーシャルゲーム事業、O2Oに特化したデジタルマーケティング事業を推進しています。加えて、教育サービスや地域活性サービスの開発等を手がけるオンラインサービス開発事業も展開しております。
代表取締役社長 兼 CEO: 麻生 要一
HP:  http://nijibox.jp/
事業内容: ゲーム開発事業・デジタルマーケティング事業・オンラインサービス開発事業
所在地 〒104-0054 東京都中央区勝どき1-13-1イヌイビル・カチドキ4F